ネットバンクのデメリット

最近身近になりつつあるネットバンク。

入金や振込手続きが簡単で、手数料も無料だったりとメリットばかり目立って100%お得というイメージがありませんか?

確かに、顧客が喜ぶメリットがたくさんですがメリットの裏にはしっかりデメリットというものが存在するものなのです。

多額のお金を扱う場合に限りですが、預金保護の対象枠が無制限の決済口座が無く小切手を使える当座預金口座がありません。

また、ATMなどコンビニなど身近にあって便利なのですが、仕事などで小銭の入力業務がある場合は、コンビニでは小銭入金が不可能なので不便です。

この様なことから、全ての顧客が満足するというものではなく使い方によっては、不便な事柄も当然でてきます。

なので、メリットとデメリット両方理解した上でシーンにあわせて上手く利用していくことによって、便利なものになっていくのだと思います。

HOME > ネットバンクのデメリット